森博嗣さん

ブライスの袴と羽織が出来ました!

昨日の雨が上がって、外は暖かそうです。
でも、風が強く、花粉症の私には、つらいシーズンになりました。


前々回、少しだけお見せしていた、ブライスの服は、「袴」でした~。
途中、次男のところに出かけてしまって、なかなか完成しなかったのですが、やっと出来ました。

じゃん。。

Ze4


「じゃん」というほどでもないのですが、今回は、ブライスを若い武士に変身させたかったのです。
顔をマットにしたのも、理由の一つでした。

私の大好きな「ヴォイド・シェーパシリーズ」という、森博嗣さんの小説がありまして、その主人公のゼンさんを、どうしても作りたかったのです~

袴は、ちょっとまた上が浅すぎて、後ろ姿は美しくなかったのですが、人間と違ってブライスは文句を言いませんので、大丈夫


今回は、こんな羽織も作ってみました。

Ze5

羽織には、羽織紐が付きものなんですね。。

着物の事は、まったく詳しくないので、あちこち調べる時間の方が多かったかも。。

Ze8

少し前に作った、「ハヤさん」や、忍者のブライスとも、記念撮影で、すっかり満足です~

Ze11

Ze17


この、ゼンさんの小説は、最初のページをあけて、一行読んだだけで、もうその静かな世界に引き込まれてしまうのです。
でも、5年間続いたシリーズが、昨年で終わってしまいました。

今年は春が来ても、ゼンさんに会えないんだ…と思うと、とても寂しいのです。


| | コメント (10) | トラックバック (0)

夢のお話し(今回長めです~)

初夢ではないのですが、先日とってもはっきりとした、不思議な夢を見ました。

(不思議というよりも、ちょっと不吉な夢・・・なので、そういうお話が苦手な方は読まないでくださいね~)


まったく違うはっきりした夢が、三部作という、珍しい体験でした。

最初の夢は、家に泥棒に入られた・・・という夢です。
ます最初に、家の中から、幼稚園の制服を着た女の子が出てきて(まったく知らない女の子です)、何かを背中にしょって、塀を乗り越えて出ていきました。

何だろう…と、家の中に入ってみると、その子のお父さんと思われる泥棒が、あちらこちら物色しています。
でも私はそれを見ているだけで、何もできません。

やがて泥棒が色々なものを持って出ていきました。
私はそれを追いかけていきます。
通りがかった人(おばさんが二人)に、「あの人は泥棒なので、警察を呼んでください」と、お願いして、なおも追いかけて行って、そして捕まえます。

すごく泣きながら「どうして人のものを盗むのですか?」と、訴えるのですが、それがものすごく苦しい泣き方で、ここでいったん目を覚まします。


それからもう一度寝ると、今度もまたはっきりとした夢。

どこかの会場で、お葬式の準備が、着々と進んでいます。
私はそれを見ているのですが、どうも…そのお葬式は、私のお葬式なのです

長男が、(なぜか)福岡から慌てて飛んできた…と私にいいます。
手には、同人誌のような冊子を持っています。

どうやらその世界では、お葬式の時に、その人の思い出などを同人誌にして、列席者に配る習慣があるようです。

長男は、その冊子がとても薄いことを私に申し訳ないって謝るのです(苦笑)
時間がなくてこんなに薄っぺらなものしかできなかった・・・と。

それは構わないけど、でもなんだか変じゃない?って私は思い始めます。
トイレに入って、どこが変なんだろう…って一生懸命考えたら、「自分のお葬式に本人が出るって聞いたことがない・・・」ということに気がつきました。しかもまだ、生きているのに・・・と。

そこで夢から覚めました。

一つ目の夢は、泣きながら泥棒にどうして盗るの?と訴えていた部分がとっても苦しくて、それをいまでもはっきりと思い出します。

二つ目の夢は、夢の中でも、ちゃんとどこが変なのか?と考えて、思いつけたことが嬉しい夢でした。


そしてまた寝たら、3つ目にとても幸せないい夢を見たのです。
幸福感に包まれて、美味しいものを食べていた夢。。

でも今思うと、そこは天国だったのかも?!なんて勘ぐってしまいますね~。。

すみません!夢のお話にお付き合いいただいてありがとうございました。


   ☆   ☆   ☆

もうすっかり、お正月気分もぬけてきました。
お正月に読もうと決めていた、萩尾望都さんの「百億の昼と千憶の夜」は、まだ2巻目の途中。
この本は、読んでいると、原作を読みたくなってきますよね。。

そして並行して読んでいた、森博嗣先生の「スカイ・クロラ」シリーズ。
こちらは、もう何年も何度も読み返しているものです。

お正月になると、読んでみたくなるのですが、今までは文庫で読んでいました。(しかも、ブックオフで買った文庫でした・・・

いつか、きちんと新品の単行本をそろえようと思っていたのですが、「いつか…」と思っていても、なかなか難しくて。。

でも、昨年末に、本棚の本もずいぶん整理して、余裕ができたので、2016年・初の「大人買い」です。

お空の写真が綺麗な表紙の、スカイ・クロラシリーズを一気に単行本で揃えてみました。


| | コメント (13) | トラックバック (0)

秋の連休

秋の連休が始まりました。

こちらは眩しいくらいの秋晴れです。
朝も、昼間も、夕方も、とても空が綺麗です。

母をショートスティに預かってもらい、久しぶりに羽を伸ばしています。
といっても、相変わらず、ごく近所で遊んでいます。

今日は、声楽を習っているお友達の、オペラの発表会に。
皆さん、素人とは思えない素晴らしい歌声でした。

歌が上手な人が、本当にうらやましいです。
という事で、明日はカラオケに行ってきます

          ☆   ☆   ☆

雑草や、毛虫だらけの困った庭ですが、少しだけど秋のお花が咲きました。

Cimg3873


毎朝、花の数を数えるのが、とっても楽しみなへブンリーブルー。
高い所に咲いているので、こんな写真しか撮れません。


Cimg3872


大好きな秋明菊。
紙でできているような花びらが、趣がありますよね。。

Cimg3878


紫の実が可愛い、紫式部。
最初は緑色の実が、少しづつ紫に移っていくのです。


Cimg3875


満開から少し経ち、外側の花から、ほんのりと桃色になってきたピラミッド紫陽花。
小さなバッタがいるのですが、見えますでしょうか。。。


Cimg3876


ものすごく葉っぱが大きくなる酔芙蓉。
葉だけが育ち、なかなか花をつけなかったのですが、やっと咲き始めました。

こちらも、紙で作ったような花びらが、とても可憐です。


今日のお人形は、ミニコロのナナちゃん。
このナナちゃんという名前は、森博嗣さんの「すべてがFになる」から取りました。


来月、10月8日から、この「すべてがFになる」のアニメが、フジテレビの「ノイタミナ」ほか・・・で、放送されるのです。。
お時間は、真夜中の24:55分からです。

今からとても楽しみにしています。


| | コメント (11) | トラックバック (0)

森博嗣先生の講演会

今日で、長かったGWが終わりますね。

今年は思いがけず、何だか盛りだくさんのことがあった連休でした。
4月27日の、東京ドームのポール・マッカートニのコンサートに始まったので、とても長い非日常になった感じです。

ポールは素晴らしかったです。
やはり日本人とは体が違うのかも…と思わせる体力で、休むことなく歌い続けてくれました。
私は運よくアリーナだったので、周りはみんな立ちっぱなし。。
「ポールさん、少し休憩をしてください~~~~」と言いたくなるくらい、次から次・・・なんですよ。。

そしてそのあと、思いがけない親戚のお葬式が出来て、しばらく気持ちはそちらに持っていかれてしまいました。
夫の方の叔父なのですが、夫のお父さん代わりのような方だったので、本当にお別れが寂しかったのです。


そのお葬式で、行くはずだったhideのメモリアルディは、長男に託しました。

久しぶりのhideさんで、長男も懐かしかったようです。


          ☆    ☆    ☆

そして昨日は、森博嗣さんの講演会でした。


元旦に、公表され、申し込みをして以来、待ちに待った時間。

280人の募集だったのですが、運よく当選しまして、元気に行ってきました~

私の席からは、ずっと横顔の先生だったのですが、お話が楽しく、もう笑いっぱなし、うなずきっぱなしで、私の顔の笑い皺やら、首の横皺が、確実に増えたことと思います。

講演会のお話自体も、あちこちに飛んで面白いのですけれど、参加者との質疑応答が、すごく楽しいのです。

この時間を、予定よりも長くとってくださったのは、いつも時間切れになっても、まだ手を上げている人がいて、申し訳ないから…という、先生の優しいお気持ちから・・・なのだそうです。

普段なら絶対に、こういう場で質問なんてできないのですが、お話がしたい一心で、手を上げてしまいました。
はぁ。。。。

マイクで、会員番号(ファンクラブ限定の講演会なのです)と、ハンドルネームを言ってからの質問。
(ハンドルネームは別の名前を使用しています)

私はもうずっと、毎日質問を考えて暮らしてきたのに(笑)迷いに迷ったうえ、すごく変な質問をしてしまいました。

周りの方は、かなり真面目な、著作物に関しての質問が多かったので、浮いてしまったかも・・。


でもいいのです!

ただ、質問をすると、こちらを見てくれますよね、当然。
そしてこたえてくださるときも、こちらをみてくれるのです。。

それがもう、恥ずかしくて恥ずかしくて。。

そのせいで、せっかくこたえてくださったお答えも、半分くらいしか覚えていない始末。。
あんなにあがるなんて、本当にめったにできない経験でしょうね。。

という事で今もまだ余韻の中をぷかぷかと浮遊中。。。


         ☆   ☆   ☆

今日は、もう一つうれしいことがありました。
このバラ(R・カニナ)が咲いたのです~

1430883282498

このバラ、何の変哲もない、一重の地味なお花なのですが、なんと!植えてから4年でやっと咲いたお花なのです。

4年ですよ~~~

枝は伸びるけれど、葉はつけるけれど、どんなに探してもつぼみがつかない・・・
植え方がいけなかったのかと悩んで、根元の写真を、京成バラ園の方にメールで見ていただいたりして、毎年、今年こそ…と、見守ってきたバラだったのです。

近くに植えてしまった、ハナモモや、酔芙蓉に、きっと負けてしまっていたのでしょうね。。

昨年、酔芙蓉をかなり根元で選定したら、ハナミズキも大きな花を咲かせたし、このバラもやっとお花を咲かせてくれました。

地下では、きっと植物たちの壮絶な戦いが繰り広げられていたのでしょうね。


Sakura


さくらたちは、お留守番が多くて「寂しいぞビーム」を発射しているみたいです(笑)


| | コメント (10) | トラックバック (0)

ダリア

ダリアを買いました。
ダリアといえば、xjapanの楽曲もそうだし、昔の陸奥A子さんの漫画も思い出します。

xjapanの曲のほうは、大切にしていた白猫の空のお葬式の時に、ずっと頭の中を駆け巡っていた曲なので、ちょっと思い出すのがつらい時も。

でも、先日のライブで、本当に少しだけ、ピアノでYOSHIKIさんが弾いてくれて…うれしかったです。

ダリアと久しぶりの点子ちゃん(カジュアル・アフェア)。

Cimg3152


今日は、雨が降らないだけまし…という感じで、でも寒いですね。
気持ちとしては、ダウンを重ね着して、マフラーもぐるぐる巻きたいのですが、そこまでするのに抵抗がある。

先ほども、自転車で出かけたのですが、みなさんまだ「綿」なのですよね。

どうして厚着をすると恥ずかしいのか…
そのへんのところが、自分でもよくわからないのですね。


夏が終わって秋も深まって、なんだか楽しいことがなくなってしまったように思っていたのですが、大好きな森博嗣さん原作のドラマ「すべてがFになる」が、先週から始まりました。

ドラマは本当に見なくなったのですが、これだけはもう、テレビの前に正座してみてしまいました。。。

ほかの方の感想をあまり知らないのですけれど、私は真賀田四季が出てきた途端、「うわぁぁぁぁ。。。やめて~~~」と、叫びまくりました。


犀川先生も・・・ね。。
あの顔で「西之園君・・・」とかいわれても、どうなんでしょう。。。。。。。。。


という感じですが、雰囲気だけは楽しんでいます。

結局、原作のファンとしては、頭の中にすべての登場人物のイメージがしっかりと出来上がっているので、誰を持ってきても「違う!!!!」ってなってしまうのでしょうね。。


その、森博嗣さんの本の中から名前をもらった、ビアンカパールさんも、早々にお着替えです。

yukimatsuさん作の、可愛らしいワンピース。

レースが2枚重ねになっていて、と~ってもラブリーなワンピースです
でも、ちょっと凄みのあるビアンカさんが着ると、ぐっと大人っぽく見えるような気がします。

Cimg3149


将来的には、「クレイドウ・ザ・スカイ」のあおいさんのイメージで、ジーパンに白衣なんて着せたいと思っているのですけれど…本当にいつになるやら…という感じですね。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

梅雨真最中

ここのところ梅雨真最中というお天気ですね。
今日もどんよ~りと曇っています

前回お話した、ハトの巣なのですが、残念なことに、今は空っぽなのです。

Cimg2854


あの次の日には、家出…というか、お引っ越し…というか・・・とにかく出て行ってしまったのです。
私はひそかに、夫が何枚も写真を撮ったからに違いない!と、思っているのですが、真相は謎のまま。

ちょっと寂しく感じたものの、でも庭の真ん中の樹なので、卵を温め始めたら、水やりにも草むしりにも、きっと気を使ってしまっただろうな…と思うと、これでよかったのかも…と、思いました。

でも器用に、作っていますよね。。

大体午後はいつも眠いのですが、曇っていると余計に眠くなりますね。
  


こちらは今朝撮影した、庭の花たちです。

Cimg2852


花というよりは、赤シソですね。
なんだか巨大化してしまって、びっくりしています。
これだけあったなら、シソジュースが作れるでしょうか。。

Cimg2850


こちらは「ホタルブクロ」。
毎年、健気に咲いてくれます。
今年は、白いホタルブクロも咲いてくれました。。


Cimg2851


綺麗な青。
デルフィニュームです。

お隣からいただきました。
今年咲かなかったらどうしよう…と心配していましたが、無事に咲いてくれて、ほっとしています。

Cimg2853


梅雨の定番、紫陽花ですね。
これ一株しかないので、来年はもう少し増やしたいな・・・・・と、言い続けてはや何年?って感じです。


こうやって見ると、咲く花も毎年同じ。
思っていることも、毎年おんなじなのですね~

| | コメント (10) | トラックバック (0)

梅雨ですね&「ムカシ×ムカシ」

今年の梅雨入りは早いですね。

今週はずっと雨かな…と思っていたのですが、嬉しいことに、昨日・今日とお天気になりました。

楽しみにしていた森博嗣さんの新作「ムカシ×ムカシ」は、そんな梅雨時の雨の夜に読むのに、ぴったりな本でした。

「レタスフライ」の文庫本にだけ入っている「ライ麦畑で増殖して」に登場する小川令子さんが主人公のXシリーズ。
派手な展開もなく、どちらかというと、淡々と進んでいくこのシリーズも、私は大好きです。

静かな狂気ほど、怖いものはないですね。。

クールな椙田さんと小川さんのからみも好きなのですが、泣いている小川さんに「大人だろう?」としか言ってあげない椙田さんがいいなぁ。。

慰めや、励ましの言葉をいくらかけても、人が人を救うことはできない…という事なんですよね。
でも、そういう言葉がほしいときも、もちろんありますけれど。

         

        ☆     ☆     ☆
Cimg2807


我が家で増殖中の、プチブライスさん。
お花畑でお昼寝中です。
目をつぶるお人形って、可愛いですよね。
小さすぎて、服を作ってあげなくちゃ…という気にならないところも、いい所かも・・です。

10日ほど前の話ですが、すごく真剣に考えなくてはいけないことがあって、解決した今でも、その時の疲れが取れません。

身体を使うのと同じように、「考える」ということも、とってもエネルギーを使う事なんだな…と実感。
何も考えないでいる時って、確かに楽ですよね。。

例えば、私の頭の中に、100人の私がいたとして…普段その中で起きているのは何人くらいだろう…と考えました。

特に新しいことをするわけでもない時って、きっと4~5人の私しか活動していないのではないかな~って思うのです。

でも今回は、半分以上の私を借り出して、考えて考えて考えて…という感じでした。

老化予防にも、時々はこんな風に頭を使う事って必要ですよね。


でも歳のせいか、しっかり後遺症が残ります。
スポーツの後の、筋肉疲労のようなものでしょうね。。

ふと横を見ると、ブライスさんたちもだるそう・・・です

Cimg2836


ちょっとアップ

Cimg2835


最近、私もやっと客観的に、ブライスを見ることが出来るようになって、彼女たちが顔が大きいというのもわかるようになりました(笑)

可愛らしすぎて、顔が大きいって言われても、全然そんな風に思えなかったのです。
むしろ、リカちゃんのような、普通のスケールのお人形が、逆に気持ち悪く思えたのでした。

紅子さんも、もうずっとこの着物ばっかり。
夏までには、新しいワンピースを作ってあげたいです。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

フォグ・ハイダ~ブライス忍者

連休も過ぎて、今年1年の予定も大体決まってきて、少し慌ただしい感じになってきました。

庭の薔薇は、ピエール・ドゥ・ロンサーヌと、カクテルが咲き始めています。

ピンクの髪の妖精「シャルロット・デ・フルール」さんをお迎えしたとき、今年はこの子が最初で最後かな…なんて言っていた私ですが、その舌の根も乾かぬうちに(笑)9人目のブライスさんをお迎えしてしまいました。

少し前に発売された「グッディガール・ゴーゴー」さんです。
よそのブログで、すごくかわいい写真を見て、一目ぼれ。
気が付いたら押していたんですね、この指が。。

Cimg2706


金髪で、すごい美人さんですが、残念ながら顔に少し余計な色と傷があったため、連絡して交換していただきました。

とっても、写真に撮りたくなる子で、これから大活躍してくれそうで、楽しみです。

このグッディさん、到着するそうそう、なんと・・・忍者に変身させてしまいました。

Cimg2726

というのも、森博嗣さんの新作「フォグ・ハイダ」を読んだからなのです。
この小説は、ゼンさんという、若いお侍さんが主人公のシリーズで、今回が4作目になります。

私が今、発売日まで知っている作家さんは、森博嗣さんだけで、このシリーズもとても楽しみにまち焦がれていたもの。


今回、『リュウ』という、女忍者が登場します。
あ~ついに、ゼンさんは、女性を斬ってしまうのか…と、つらい気持ちになったのですが…
この先はネタバレになってしまうので、やめておきますね。

わたしは小さい頃、「サスケ」が大好きで、あの頃って、テレビでも忍者のお話が多かったですよね。
ずっと忍者に憧れていたので、今回、この「おリュウさん」のコスプレ衣装を一気に作ってしまいました。

手にはちゃんと、折り紙の手裏剣を持っているんですよ。

ブライスだと、忍者も可愛らしいですね~。(親ばか)


今日は、友達の家でお茶会。
和風なお部屋で、写真を撮らせてもらいました。


Cimg2740


Cimg2743

こんな金髪の忍者が現れたら、利休さんもびっくり!!だったでしょうね。


| | コメント (13) | トラックバック (0)

エイプリルフール

今日から4月。
年度が替わって、消費税も上がって、色々な変化のある日ですね。
我が家は、夫の通勤がけっこう長距離なので、ガソリンの値上がりが一番きついです

エイプリルフールということで、一つくらい誰かをだましてみたいな~って思っては見たものの・・・なんだか何にも思いつきません
さきほど、よそのブログで、まんまと騙されて、結構悔しい思い(笑)をしてきました。
そこは、何日か前に、ちゃんと「伏し線」も張っていたんですよね。
さすがです~

だまされる…というと、森博嗣さんの「封印再度」を思い出します。
エイプリルフールで、主人公にまんまと騙されてしまった、大好きな犀川先生。
ちょっと可哀想な気がしつつも、ついつい何度も読んでしまう大好きなシーンでもあります。
  


Cimg2625

最近、この「プチブライス」に目覚めてしまいました。
なんといってもお値段が手ごろだし、この眠たそうな目がとっても可愛い。

左から、「ココアバター」「スノーワンダー」「スーリーティビャーリュブリュー」さんです。
今年は、もっとたくさん発売してくれるといいな。。

Cimg2612

可愛い機関車に乗せてみました。
春色の汽車に乗って 海に連れていってよ・・・♪なんて口ずさみたくなるようなお天気ですね。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

12月ですね。

11月は一回しか、ブログをアップしていないことに気が付きました。

ただただ、時が流れていってしまいます。

調子が悪くて、完璧に壊れたと思っていたディスクトップのパソコンですが、電源を入れ直して、しばらくの間は使えることが分かりました。

数時間するとだめになってしまうので、写真の処理などを、大慌てでやっています(笑)

12月って、でも本当にお金に羽が生えているような感じがしますよね。

先日は受験生の次男と二人で、インフルエンザの予防注射をしたのですが、それだけでも、7000円(涙)

髪を染めても、そのくらい。。

そんなこんなで、なかなか新しいブライスさんをお迎えできません(号泣)

ところで昨日は、久しぶりに友達と買い物に。

このお友達は、お店の好みがよく似ているので、良く一緒に出かけます。

昨日は、買うつもりはなかったのですが、こんなシンプルなブーツを買いました。

Cimg2302


ほんとうに、シンプルでしょう~?

このままサイズダウンして、ブライスさんにはかせたくなります(←そればっかり

Cimg2304


だってね、もう本当に可愛くて、可愛くて。。

目の中に入れても痛くないかも。。なんですよ。。

と言いつつ、靴の中に入れてみる・・・(笑)

 

 

そして今日は、頼んでいた、腕時計も届きました。

Cimg2299


ピエールラニエの時計で、文字盤の部分は、さくらももこさんのイラストです。

貝殻でできた絵なんですよ~

私はずっとこのタイプの時計ばかりで、これで3代目かな。

もうお店では売っていなくて、HPでやっと見つけたものなんです。

以前は、うさぎさんでした。

Cimg2301

     ☆     ☆     ☆

今日は、12月7日。

私の大好きな、森博嗣さんのお誕生日なんですよ。

この1年、彼の本をまったく読まなかった日はないのではないか…という感じでした。

たくさん、本を書かれている作家さんなのですが、未読の物が、もうどんどん少なくなっています。

最近は、新書やエッセイの方が好きになって、繰り返し何度も読んでいます。

それでもよく、「あれ?あの言葉はどこの本だったかな?」と、探すことがあるので、最近は、ポストイットが大活躍。

すっ~と、心の中にしみて行くような言葉たちが、私の宝物です。

 

これからは、もっとまめに更新したいと思います。

またよろしくお願いいたします~

| | コメント (17) | トラックバック (0)