家族

次から次と・・・

今年は、次から次と色々な事が起こるのです。

Y14


外を走ると、新緑の季節が始まっていて、気持ちいいですよね。

我が家には、昭和5年生まれの私の母がずっと同居していまして、10年ほど前に「認知症」と診断されて、少しづつ変化があり、そして本当に色々な事があった10年でした。

ここのところは、ディサービスやショートサービスを使って、それなりに穏やかない過ごしていたのですが。。

21日の夜、突然倒れてしまいまして、口からは泡、その後いびき・・・
てっきり脳梗塞だと思いました。

でも、救急車の中では、捻じ曲がるほどの激しい痙攣がずっと続いて、そしてその痙攣は、病院についてもしばらく取れなかったのです。

何時間もまたされて、日付が変わってから呼び出された時に、病名を「てんかんですね」といわれました。
もう青天の霹靂。。。

認知症の人は、脳に傷がついてるので、なりやすいそうです。。


それから毎日病院通いをして様子を見ているのですが、少しづつ声が単語に変わっていくものの、以前と全く違う表情、しぐさ、になってしまいました。


目の前にいるのに、どんどん母が遠く離れて行ってしまう気がします。


救急車で運ばれたのは、大きな総合病院なので、何時までいられるのかわからないのです。
その後はどうなるんだろう。。。

まだまだ考えて決めなければいけないことが山積しています。


Sakura

午前中に買いものと夕食の準備。
午後は、病院に行って、付き添い。。
しばらくは、そんな生活にになりそうです。


| | トラックバック (0)

その後。

今夜は、スーパームーンということで、綺麗な満月を見るのを楽しみにしていましたが、夜になって雨が降ってきました。

残念です。

このところ、なんだかんだと慌ただしく、昨日やおとといの天気などがうろ覚えで、思いだそうとしても、思い出せない。。

まさかまさか…若年性なんたらじゃないか?!?!

怖いです~~~~

 

 

5月の中旬に、脳こうそくで倒れた義母ですが、リハビリ専門の病院に移ってから、めざましく回復しているような気がします。

私は毎週日曜日にしか行けないのですが、行くたびに、変化が分かって、嬉しいです。

昨日・今日と、義母の兄弟・姉妹その子供たちなど、たくさんお見舞いに来てくれて、楽しそうに話しているところを、ちょっと離れて見ていると、すごくよくなってきているのがわかります。

左側に麻痺ではないのですが、力が入らなくなる時があって、真っ直ぐには歩けるのですが、方向転換する時には、まだ支えが必要とのことで、トイレにもひとりでは行けません。

でも、今日は、杖もつかないで、(ゆっくりですが)歩く姿が見られて、まるで、初めて歩く赤ちゃんを見るような気持になりました。

治っていく病気というのは、本人も、周りも希望が持てて、すごく嬉しいものですよね~

 

           ☆  ☆  ☆

おまけのすみれ。

変顔な写真を2枚

Cimg1887

Cimg1885


大人しくて、可愛らしいすみさん。

でも、何故か変顔ばかり。

写真うつりが悪いのか、撮る人の腕が悪いのか・・・どちらなんでしょうね

| | コメント (10) | トラックバック (0)

結婚式

昨日の土曜日(1月26日)は、甥っこの結婚式でした。

姉の次男坊なのですが、なにしろ、生れた時からを知っているので、なんとも不思議な気持ちです。

いつもいつも、姉の背中にくくりつけられ(おんぶされ)ていた姿が、ついこの間のよう。。

でも、教会に現れた彼は、立派な王子様のようでした。

お嫁さんは、三人姉妹の長女さん。

すごくおっとりと、優しそうな感じなのですが、でも、芯の強そうな方で、挨拶を聞いていると、温かい思いが素直に伝わってきて、この二人なら仲の良い、素敵な家庭を築くんだろうな…と思いました。

先ほども、写真を整理していて、改めてジーンとしてしまいました。

Cimg1029


受付前の、可愛いダッフィーちゃんたちです。

それにしても、結婚式に参列するのなんて、かれこれ20年ぶりくらいです。

いいですね~結婚式・・・

これで姉も「お姑さん」…とめさんの仲間入りなんですね~

あんな可愛いお嫁さんなら、きっとうまくいきそうです。

ありきたりの言葉しかないのですが、どうぞ末永くお幸せに~~

 

 

            ☆   ★   ☆

ところで、先ほど買い物に行った時のこと。

信号で止まったら、すぐ前にどこかで見たことのある車が。

ナンバーを見たら、なんと、夫の車でした。

床屋さんにいってから電気屋さんに行くって言っていたのですが、その途中で遭遇したみたいです。

狭い町ですが、でもこんな偶然は初めてでした。。

で、その夫が、今朝、とっても面白かったのです。

私が、(冗談で)「すみさん、最近顔色悪いんだよ」って言ったら、

「そういえば、この前もそこで吐いていたよ」と・・・

そして、寝ているすみれのところにいって、「すみさんでも、顔色があるんですね~」って言っているのです。

もう私は爆笑。

黒猫のすみれちゃんは、いつでも真っ黒でしょう~

そもそも、ニャンコに顔色があるわけはニャイ

 

Cimg1010

今年11歳になりますが、健康優良児で、ほんとに助かっています。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

ちょっと便利かも~☆

数日暖かい日が続きましたね。

でも、なぜか曇り空が多い毎日。

曇っていると、どうしてもどんよ~リしてしまいますね~

先日、積もった雪の中にドボ~~~~ン。

P2295805


とされてしまって、ニャンとも可哀そうだったすみれちゃん・・・

この後しばらくは、長男を見ると逃げておりました。

(すみれは踊っているように見えますが、後ろ足で、長男の手を引っ掻いて、何とか逃げようとしているのです。。。)

そのニャンコの敵・長男が、何やら懐かしいものをいじっていて・・・・

出来たのがこれ。

P3085827

レゴ!!!懐かしいですね(●^o^●)

横から見ると・・・・・こんなふう。

P3085828


自立して立ちます。

さて・・・・?!これは何でしょう~~(●^o^●)

正解は(というほどの物でもありませんが)こ・ち・ら~☆

P3085823


こんなふうに、iPhoneを立てて使うのだそう。。。

このまま充電も出来るのだとか。。。

動画(って見られるのかな?)とか見るときに便利なのでしょうか。。。。

ちっともわからない母であります。

横にしてもOK!なんですって。

P3085826


何が便利なのか、今一つ分からないものの、レゴが懐かしかったです。

レゴといえば、森博嗣さんの四季シリーズにも出てきましたよね~(*^^)v

森博嗣さんといえば…・ついについに先日、ファンレター(本人はラブレターのつもり)を出してしまいました。(キャァ~)

久しぶりに、ドキドキした夜でした

はい。
脱線してしまいましたが、そんな長男は、さくらにもこんな事を・・・・

P2295808


まだ冷たさが伝わってこなくて、何が起こったかわかっていないさくらです^^;

でも写真だと、雪の中ってわからないかもしれませんね。。。。。

先日の雪はあっという間に消えてしまいました。
この後降ったら、もう「なごり雪」になるのでしょうね。。。

〔追記〕

上の写真のiPhone立ては、ネットで、他の方が作っていらっしゃったのを見て、真似て作ってみたそうです。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

意志の弱いこと・・・

買わないつもりでいたのに・・・・ポチっと押してしまいました。

あぁぁぁぁ・・・なんて意志が弱いのか。。

Grp_0008

何の事かというと…・

上のhideさんのお人形パート2(画像お借りしました)。

本日、キャンセル分の追加注文の受付の日だったんですよね。。。

前回の販売のときには、きっぱりと「これは我慢!買いません!!」と宣言したものの…・私はこんなふうに、2度目の誘惑に弱いのかも。

はぁぁぁぁ。やっっちゃいましたね。。。

でも、心の中では・・・!な気持ち・・・

やっぱり・・・超嬉しいです~

                     

さて、今日は、グータラ長男が、珍しくアルバイトに出かけました。

イベントの警備のお仕事です。

朝早く、近くの駅まで送っていかなくてはいけないので、こちらも大変なのですが、行く前にもひと仕事。

茶髪はNGなので、その日だけ黒髪スプレーを吹き付けるのです。

時間がなくて、庭で、適当にシュ~~~~~~ってかけてあげたのですが、なんだかすごくまだらになってしまいました。

黒と茶色のキジ猫のようです・・・・

でも、本人には見えない所。

まぁいいか…・で送りだしてしまいました。

さきほど、「どう?」とメールしたら、お昼休みに、「寒い」って返事が返ってきました。

あははは。

大丈夫みたい^^

でも、本当に寒いですね。

三寒四温、春は足踏み状態です。

今日は、すみれの変顔写真を少々・・・・

ちょっとボケていますが、時々面白い顔をしてくれるすみれです。

Pb040963

Pb040965_2

お鼻の下が、長~いすみれです~

 

| | コメント (15) | トラックバック (0)

大きくなったら・・・・

大きくなったら、何になりたいですか~・・・・?!

え~と。。。

子供の話しではなく私の話しです。

大きくなったら…・俳句を詠める人になりたい。

何年か前からそう思っていました。

もう十分大きいのに、なかなか始めることができぬまま・・・・・いったいどこまで大きくなったら詠めるようになるのかな~~??!

私の母。

80歳を超えているので仕方ないのですが、耳が遠いです。

これはもう何年も前から。

でも最近はそれに加えて、「自分の聞きたくないことは、どんなに大きな声で言われても、何にもキコエナイ!」という、ずいぶん都合のいい耳になってきました。

本当に聞こえないのか、わざと無視をしているのか、聞えているけれど理解しない(したくない)のか。。。。

不思議ですね~

そのくせ、寝ている時でも「御飯だよ・・・」と呼びかけると、「は~い」と、(こちらがどっと疲れるような)良いお返事をするんです。

                

 

・・・話が横道にそれてしまいました。

今年の1月、読売新聞に掲載されていた句。

これを読んだ時に、あらためて、俳句の素晴らしさに、ジ~ンと来るくらい感動。

ちょうど、まさにその時の自分の気持ちだったのでしょうね。。

いつか、こんな句を詠めるようになりたい…と思いました。

小檜山繁子さんの句で、

「寒晴や 目つむればわれ こなごなに」

五・七・五のたった17文字で、想いを伝えられるって、本当に素敵。

たくさんの言いたいことの中から、少しづつ少しづつ文章を削り、伝えたいことを見つめ、もうこれ以上短くならないという所まで凝縮するのでしょうね。

なんとも潔く、気持ちのいいことに思えます。

おなじ方の句で、可愛らしいものがありました。

「冬猫の 眠りの渦の 中に耳」

こんなかんじかな・・・?!

P1085672

少し前の写真ですが、真ん丸くなって寝ています(*^^)v

首輪がなかったら、何処が始まりでどこが終わりかわからなかったかも(笑)

もう一枚。久々、さくら姫~

P6145031_2

もっと丸まる時は、ほんとアンモナイトになりますよね~☆☆

その中に手を、もこもこっと差し込むと、とってもとっても温いのです(*^。^*)

上の句。

猫好きな私には、これだったら詠めそうかも!って思いました。

上手な方の句は、そんな風に「あ。わたしにも詠めそう」と思わせてくれるような気がします。。

でも詠めないんですよね~~~~~これが。。。

| | コメント (18) | トラックバック (0)