映画・テレビ

リップヴァンウィンクルの花嫁

あっという間に連休が始まりましたね。
特に大きな予定はないものの、慌ただしく過ぎていきそうな感じです。

今日は珍しく映画のお話です。

20代の頃は、映画を見ることがすごく好きな時期があって、地元では見られないものを、「ぴあ」を片手に、東京まで見に行ってきたり、ウディ・アレンの映画に憧れて、N・Yまで出かけたり・・・と、今では考えられないくらい行動的でした。

でも最近は、2時間の映画を集中して見ることや、知らない映画を見始めることが、とにかく億劫で、せっかくBSを録画しても、結局は見ない・・・ということばかり。

まして映画館まで出かけるなんてことは、どうしてもできなかったのです。

そんな中、この映画は、昨年2回も観に行ってしまいました。


黒木華と、綾野剛、それから(大好きな)Coccoが主な出演者です。

1本目を見たあと、綾野剛さんのあるセリフが、あまりにも衝撃的で、聞き間違い??!と思って、ついついもう一度行ってしまったのです。


その映画が、5月にWOWOWで放送されるのです~

WOWOWに入っていて、本当に良かったと心から思いました。

余談ですが、この映画で、Coccoさんの名前が、「ましろさん」というのです。
真っ白のましろ。

いつかまた、空くんのような白い猫と、一緒に暮らすことが出来たなら、その子が男の子でも、女の子でも「ましろちゃん」と名付けようと、今から決めています

それ以外にも、名探偵コナンの劇場版が、一気に放映されるのですね。

最近は、遠ざかっていましたが、子どもたちと一緒に見に行く映画の中では、このコナンくんの映画が一番好きで、「世紀末の魔術師」とか「ベイカー街の亡霊」とか、とっても懐かしいです。

Ya1

こちらはまだ八重桜が綺麗です。
桃色と水色で、春の色ですね。

森博嗣さんの「もえない」という作品の、文庫本のカバーと同じ色です~。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

映画の話~

昨日から、小さな地震が多いですね。
今も、少し揺れました。

小さくても、揺れるのは嫌なものですが、でも、こんなふうに小刻みに揺れることで、大きな地震が回避出来たらな・・・と、素人は浅はかに考えてしまうのです。


今年のバレンタインでは珍しく、自分用にもチョコレートを買ってみました。
C1


家族用の半分くらいの値段だったのですが、食べてみてびっくり。
やっぱり、なんていうかチョコが違うのですよね。
すごく美味しくて、嬉しくなってしまいました。

C2


それにしても、びっくりするくらい高価で、綺麗なチョコがたくさんあるのですね。(もはや、チョコの値段ではない・・・!)
来年は、もう少しだけ高価なものを家族に購入して、半分分けてもらおう~と思っています。


             

今年になってから、映画館に2度行ってきました。
1本目は『沈黙』。
キリシタン弾圧の頃のお話です。

2本めが『この世界の片隅に』。
これはアニメで、次男のお薦め作でした。


『沈黙』の方は、とても重い内容でした。
まだうまく感想をまとめることが出来ません。

いろいろな立場から、色々な見方ができますよね。。


そして『この世界の片隅に』は、久しぶりに泣いてしまう映画でした。
もう1回観たいな・・・と思います。

主人公の、ぼんやりしている・・・という、そのおっとり具合が、なんとも心地よく感じられました。
それだから、余計空襲の恐ろしさが際立ってしまったのかな・・・と。

日常の中で、空から爆弾が雨のように降ってくる・・・なんて、とても現実とは思えない今の平和を、大切に守っていかなくてはいけません・・・よね。


| | コメント (4) | トラックバック (0)

初恋~??!「009RE:CYBORG」

昨日は、久しぶりに、映画館で映画を見てきました。

しかもアニメです~☆

本当に久しぶりだなぁって思いましたが、でも数年前に宮崎アニメを見ていましたね。。

実は実は・・・昨日の映画の主人公は、私の幼いころの初恋の相手でもあったのです・・・

テレビの面白さがわかり始めた頃に見たアニメは、本当に今でも懐かしく思い出されますよね。

その中でも、「サイボーグ009」の、ジョーと、「レインボー戦隊ロビン」のロビンは、私の2大ヒーローでした。

あ~懐かしい。。。。

まさか、この年になって、新しい映画の中で再会できるとは思っていませんでした。

 

009


(友達が購入した、パンフレットから写真を撮らせてもらいました。) 

カッコ良かったですよ。

島村ジョー。

設定では、高校生なんですね?!

最初に(写真のように)学ラン姿で出てきた時は、「あ~うちの息子の学ラン姿とは、なんて違うんだ!!!」と思ったものでした。

バラバラに活動しているサイボーグの戦士たちが、それぞれ呼び戻されるわけですが、記憶の中と、みなさんずいぶん違っていて、あれ?あれ?の疑問符だらけ。

赤ちゃん姿の001と、紅一点の003は、昔と変わらずになんだか安心。

それから、唯一サイボーグではない、ギルモア博士が、もうずいぶんご高齢で、今にも倒れてしまいそうに見えて、ちょっとハラハラして見ていました(笑)

何しろ、こういうアニメなので、心臓に良くないことばかりがおこりますからね。。。

懐かしい加速装置の映像はとても綺麗だったけれど、昔のあの奥歯をかみしめた途端、チッチッチッ・・・・となる音は再現されていなくて、ちょっと悲しかったかな。

物語は、少しわかりにくいのですが、パンフレットを読むと、その疑問のいくつかは解けるそうなので、私もパンフレット買えばよかったなぁ。。。

111105_145200021


(パンフレットの写真だけ~

一緒に見た友達とは、積もるお話も沢山あったのだけれど、映画の話で盛り上がっちゃって、あっという間に帰る時間に。

楽しい時間は、あっという間に過ぎちゃうものですね。。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

天国の日々

平成23年3月1日。

今日から3月ですね。

我が家にとって、色々と節目となる3月です。。。

今日は、長男の高校の卒業式。

高校の卒業式なんて、あっけなくて、あっという間に終わっちゃうよ~って聞いていたものだから、私も気楽に出かけたのですが、入場のシーンから、なんだかジーンときてしまいました。

証書を代表して受け取るのも、在校生の送辞も、卒業生の答辞も、すべて女の子でした

共学の学校なのに・・・・
最近は、なんだか女の子の方が、元気がいいですよね~。

吹奏楽部の、生演奏で見送ってもらえて・・・とてもいい卒業式でした。

これで息子の制服姿も見おさめです。。。

ネクタイが何回やってもうまく結べなくて、遅刻しそうになったり。。。
懐かしいな。。
もう、長男には、お弁当を作ってあげることもないのかなぁ。。。(・・・でも、それはちょっと嬉しいかも・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

20代の頃、映画に夢中になっていた時期があって、その頃大好きだった『天国の日々』が、さきほどNHKBSで放送されました。

懐かしかった。。。。。

映像も音楽も、すごく細かいところまで覚えている映画なので、今日の放送でも、ちょっと抜けているところがあったのは残念です。完全版で放送してほしかったな。。。

すごく若いリチャード・ギアと、サム・シェパード。。。

アメリカの、広大な自然の描写がとても綺麗な映画です。

何十年も見ていない映画でしたが、今でも雪が降ると、雪の中でも外の藁の中で眠っていた、この映画のワンシーンを思い出していました。

| | コメント (8) | トラックバック (0)