« 2022年10月 | トップページ | 2022年12月 »

2022年11月

秋なのか冬なのか

11月も、半ばに。

来月夫が定年退職になるということで(なんだか全然実感が湧かない)あれこれと忙しい日々です。


コロナもまた増えてきましたね。

頭の上に重ーいおもりを、載せられたような気がしてきます。


41eab4457d6744e69bea842ed5137262


猫のマタムネをお迎えして、そろそろ一年。

なかなか気の強い男の子で、時々カミツキガメのように、噛んでくるのが玉に瑕。


でもそれ以外は、好奇心旺盛で、明るい可愛いにゃんこです。


かのん達がガラス窓に鼻をつけるから、ガラスが曇ってしまう(名付けて鼻曇り)。

でもそんな窓ガラスが大好き( ◠‿◠ )

なんて言っていないで、少しづつ一年の締めくくりのお掃除も進めたいところです。


566a683011f146e09976219256a0a226



恒例の年末のバイトも始まります。

始まったらそれはそれで楽しいこともいっぱいありますが、その前はとっても憂鬱に。


やはりエネルギーを使うのは、疲れるものなのですね。


毎回、仕事内容の復習だの、やることは色々ありますが、その中に、新しいボールペンを買う、という楽しみもあります。


約1か月の仕事が終わると、だいたい1本のボールペンのインクがなくなってしまうのです。


インクだけ補充することもできますが、せめてもの楽しみに、新しいボールペンを用意するようになりました。


テンションの上がる色と、描きやすさの両方を兼ね備えたボールペンを今回も見つけました。


先日、インフルエンザの予防注射は、終わりましたが、コロナの4回目はまだ悩んでいます。


我が家では夫だけ、4回目をやっています。


そんな夫宛に、5回目の案内が来ていました(*゚∀゚*)

なんだかもう、本当にキリがないなぁという感じですね。





|

あちらこちら〜3


秋が深まっていきますね。

今年はなぜか群馬県に縁がある年のようです。


2週続けて群馬県に遊びにいきました。


中之条町にある、中之条ガーデンまで、友達が運転をして連れて行ってくれました(╹◡╹)


私は名前も知らなかったのですが、広い敷地内に、バラ園などがあります。


入ってすぐは、英国式のお庭でした。


Acd6e0ea439044cd90dec40602967301

秋の薔薇もまだまだ見頃で。

秘密の花園がたくさんある感じ。


9c025edb8a4142e9bedbafa23668702dC39d47fdc2784f4e90112921230318c5

りんごもたわわ。


りんごの木は、なんだかとても懐かしく感じました。

この辺りまで来ると、長野県に雰囲気が似ていますね。

A36ea49828e24b14bb3772948d41dd8f


この秋は、いつになく紅葉が綺麗ですね。


D791631aced543a8bdbfd2da87aa302f

これは近所の公園。

イチョウが2色になっています。


車に貼る初心者マークのよう。


5b90563ec56d43239ef5096efc1d755f

かのんも落ち葉を踏んで歩きます。


04a76666ff46465387d87272c15cf98f

326da62c44004db3b353bf88f24a590f



燃えるような紅葉は、日光にある公園。

B856da92b94340059ceef20872f459af

どこをみても綺麗で、目が喜びます。



先日は3年ぶりに秋の陶器市が益子であったので、2回も行ってしまいました。


反動というのは怖いものですね(°▽°)


さんざん散財してしまい、お財布の軽い秋です。




|

あちらこちら〜2

なんだかすごく、忙しい日々が続いています。


前からずっと行ってみたかったところに、またまた行ってきました。


0d43fd25ed0b456992fb0a2443175d23


軽井沢の一歩手前。

煉瓦が素敵な眼鏡橋❗️


かのんは、上に上がっても怖がりませんが、トンネルに入ったら断固、拒否シバ。


暗いのと音が反響するのが怖かったみたいで、まだまだパピィのかのんです。


7335ab70721c4f6e87229e8980a63e1a

見れば見るほど素晴らしい。

どのようにして作ったのかわたしには想像もできませんが、こういうものを見ると、昔の人の知恵や知識や技術力の高さ、それに成し遂げる力の素晴らしさを感じます。


このあとは、夫が行きたかった妙義山に行きました。

麓にある妙義神社に着いたものの、麓すぎて山の全景がわからない、という、山あるある、です。





6af4505f3171444f92f1c5b624429d36

5f8c1b4a98cf421dbb4203e7027c134b

今回は忘れずにご朱印帳を持って行って書いてもらいました。

続いて、中之嶽神社へ。


ここがすごかったのです。


Bac3ac11cfdf4ee1a094cddb963493d2

石段も、急だし、幅とか角度とかも一定していなくて、登るのは良いとしても降りるのがとっても怖かった。


しかも、その上の見晴し台まで、ついつい登ってしまったものだから、ものすごく疲れました。

普通のスニーカーでは行ってはいけません。

まして犬を連れて行くなんて・・(//∇//)


F3c0b320230b493595860a3e1cda56eb

197cc3b5416f4a73a7789efce7cb9c15

途中で、かのんまで、もう帰ろうよと、涙目に。

71160b9b685b4f30b1a24c3d27faf961

こういう不安定な岩場を登ったり降りたりするときは、荷物はもちろんリュックにして、両手でバランスを取らないと危険だなぁと、本当に思いました。


降りるのは足ですが、両手、大切です。


Eb2bc31cd66e4f84b8ab132959df518a

日光の男体山にも積雪が。

虎猫のおでこのように雪が残るのです(╹◡╹)


97e784447d0843309c7531e8bc3e3495

朝陽の色も変わってきた気がする。

黄金色のかのんでした。


|

« 2022年10月 | トップページ | 2022年12月 »